認定看護師とは?

看護師の求人・転職応援サイト >> 認定看護師とは?

はじめに

看護師の求人・転職応援サイト

看護師の方であれば既にご存知だと思いますが、毎年のように改正されていますので、2012年現在の状況としてご参考にして頂ければと思います。

尚、詳細を確認されたい方は、日本看護協会のサイトをご参照くださいませ。

認定看護師とは

認定看護師とは、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することを認められた者と定義されています。

尚且つ、看護現場に於ける特定の分野での実践・指導・相談などの役割を果たすことにより、その役割を通して看護ケアの広がりや質の向上へ貢献することが求められます。

看護分野

認定看護分野は、現時点で21分野となっています。

救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん科学療法看護、がん性疼痛看護
訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護
乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション
がん放射線療法看護、慢性心不全看護

認定と更新

認定看護師の認定を取得するためには、下記のような条件や課程を経る必要があります。

  • 日本国の看護師免許を有すること
  • 看護師免許の取得後、実務研修5年以上(うち3年以上は認定看護分野の実務研修)
  • 認定看護師教育機関(課程)修了(6ヶ月・615時間以上)
  • 認定審査(筆記試験)
  • 認定看護師認定証交付・登録
  • 5年毎に更新

認定看護師の資格って必要なの?

看護師として認定看護師の資格を取得することは、仕事の幅が広がるだけでなく、転職する際の大きなプラスポイントとなり、希望する求人先からの内定獲得にも有利となります。

また、当然の結果として昇格・昇給などで収入アップへ繋がります。

ですが、看護師認定機関での研修が半年もありますので、収入や仕事との両立を鑑みると個人的に取得するのは不可能に近いです。

その為、一番良いと思われる方法として、認定看護師の取得に理解のある=医療のために認定看護師を育てたい医療機関へ転職することが看護師にとっても医療機関にとっても一番良いことではないでしょうか?

ご紹介させて頂いている看護師専門の求人・転職サイトでは、認定看護師の育成に前向きでその間の収入などを含めて全面的にバックアップしてくれる医療機関をご紹介することが可能です。

特に、キャリアップを望まれている看護師は、認定看護師の資格取得をご検討されてみてはいかがでしょうか。